So-net無料ブログ作成
検索選択

「私の嫌いな探偵」第7話のあらすじ!ネタバレあり! [ドラマ・映画]

スポンサーリンク




「私の嫌いな探偵」第7話のあらすじ!ネタバレあり!

烏賊川市では誰もが知る実業家・豪徳寺(山田明郷)から鵜飼(玉木宏)は愛猫探しを依頼される。

多額の報酬を約束され、必死になって豪徳寺の愛猫を探すが、そんな時に豪徳寺が殺害されてしまう。

現場は、とあるビニールハウス
豪徳寺はナイフで刺し殺された模様。

偶然にもそのビニールハウスでは10年前にも殺人が起きており、その当時、事件を担当していたのは砂川(渡辺いっけい)だった。

10年前の殺人事件の被害者の矢島と豪徳寺は親友だった。








その夜も2人は会う約束になっていたのだが、証言が食い違い、事件は迷宮入りしていた。

そんな経緯のあるビニールハウスで起こった事件ということもあり、砂川はいつもよりも事件解決に意欲を見せていた。

朱美(剛力彩芽)からの後押しもあり、鵜飼も捜査に乗り出すことに。

そんな折、事件の目撃者で豪徳寺家の末娘・真紀(小野真弓)が目を覚ます。

何者かに薬を嗅がされ気を失っていた真紀は、事件のことについて証言し始める。

豪徳寺が息絶える前、「ミキオ」とつぶやいていたことを証言する。

豪徳寺家の次男の名は美喜夫(山根和馬)。

鵜飼らは、美喜夫のアリバイの確認を取った。

美喜夫は事件当時、矢島の息子で医師の矢島達也(尾関伸嗣)と一緒にいたと話す。

さらに、長男の真一(柿澤勇人)、妻の昌代(田島令子)にも完璧なアリバイがあることが判明。

事件解決が困難をになっていく中、さらに第二の殺人が発生する・・・。

一体、犯人は誰なのか? 

さらに砂川が今でも悔み続ける10年前の迷宮入り事件とのつながりはあるのか??

見逃せない「私の嫌いな探偵」第7話は今夜23:15から!!


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。