So-net無料ブログ作成
検索選択

ごちそうさん ふ久 諸岡 [ドラマ・映画]

スポンサーリンク




ごちそうさん ふ久 諸岡

ごちそうさん ふ久 諸岡と泰介に妄想膨らませ、腐女子に?
ごちそうさん「『ふ久』が『腐久』に」と話題に。
放送開始から4か月連続で週間平均視聴率21%を超え、人気を誇っているNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で、ヒロイン「め以子」の長女「ふ久」に、なっ、なんと「腐女子」疑惑が浮上する衝撃シーンが2014年2月3日放送回であった。

インターネット上では放送中から「『ふ久』が『腐久』になった日」などと話題になった。
「ごちそうさん」放送直後の「あさイチ」でもキャスターの井ノ原快彦さんと有働由美子アナウンサーが「腐女子」疑惑を匂わせるコメントをしていたことで、さらに話題に拍車がかかっている。


スポンサーリンク












「ごちそうさん」は東京の洋食屋で育った食いしん坊な主人公、卯野め以子(杏)が大阪出身の西門悠太郎(東出昌大)に嫁ぎ、「食」を通じて家族を幸せにするといった大正から昭和の時代をメインにしたストーリー。
現在は戦争中の設定ということで食糧事情が厳しくなる中、創意工夫を重ね料理を作り、周囲の人たちと助け合いながら懸命に暮らす姿が描かれ、好感が持たれている。

夫婦には3人の子供がおり、長女の「ふ久」は小さいころから物理の才能を示すも協調性に欠ける気難しい子の設定。
高等女学校に通うも相変わらず物理に没頭し、食事中でさえ本をはなさない。
ところが2月3日放送回では、そんなふ久が物理以外のことに興味を持つという今までに無い急展開を見せる。
野球部でキャッチャーをしている弟の「泰介」は、たびたび先輩のピッチャー「諸岡弘士」を連れて帰り、一緒に食卓を囲んでいた。
ふ久は、そんな2人を手に持った本そっちのけで、見つめ、諸岡が泰介の腫れてしまった真っ赤な手を掴んで気づかうところを凝視するシーン等もある。

その食後のキャッチボールで事件が勃発。
精力がつくというオットセイ肉入りカレーを食べた諸岡はいつにない剛速球を投げ、泰介は思わず痛みに顔をゆがませてしまう。
諸岡が駆け寄り「ちょっと手みせてみ」と言うと、同じくオットセイカレーを食べたふ久の妄想スイッチがオンに(笑)

「嫌なんです、先輩の球を他の誰かが受けるなんて」
「最後の甲子園やないですか。先輩の剛速球を最後までこの手で感じていたいんです!」

と、泰介のアツい思いを妄想。諸岡の返答まで再現した後、口元に微笑みを浮かべた。
そういったシーンが男性同士の恋愛模様を妄想しているように見えるという予想外の展開に、
ネット上では放送中から大盛り上がりを見せた。

ツイッター上にも

「『ふ久』が『腐久』になった日」
「ふ久は勉強ではなくBLの薄い本を書いていたのかもw」

といったツイートが多数見られ盛り上がっていた。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。