So-net無料ブログ作成

ホワイトバレンタイン 意味 [文化]

ホワイトバレンタイン 意味

本日はバレンタインですが、あいにくというかロマンティックなのか雪が降っておりますね^^;
こういうのを見て人は「ホワイトバレンタイン」と言うのかもしれませんが、そもそもホワイトバレンタインの意味とは、どんなものなのでしょうか?

そもそも3月14日に行われるホワイトデーをかつては、「ホワイトバレンタイン」と呼んでいたみたいです。
40代後半くらいの人の話だと、バレンタインのお返しをする日を「ホワイトバレンタインデー」といっていたそうです。

さらにお返しはチョコではなくキャンディを返していたとか??

いつのまにかホワイトデーという言い方が増えてきたという感じみたいですね。






なので、そもそもホワイトバレンタイン=ホワイトデー??
ということみたいですね。

ホワイトデー自体母の日に対する父の日レベルの考えから生じた物と思われます。

お返しはキャンディが基本だったというのは、これはアメリカのイースターの子供の慣習からきているようです。

「好意を持つ女の子にキャンデーをあげる。」

これを知ったお菓子屋さんがホワイトデーにちなんで広めたようです。

ちなみにバレンタインにチョコを渡す風習は、鳥がさえずり始め、春が来たことを感じると女の子は手作りのチョコやクッキーを持って男の子を外へ誘う習慣がかつてヨーロッパにあったようです。
それをお菓子屋さんがバレンタインデーにちなんでひろめていったようです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。